当団レジデントアーティスト信長貴富氏による新作委嘱曲が完成致しました。

 

タイトルは以下の通りです。

「混声合唱とピアノのための『鉄道組曲』」

 

東京混声合唱団レジデントアーティスト 

信長貴富


1994年上智大学文学部教育学科卒業。1994・95・99年朝日作曲賞(合唱曲
)、1998年奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門第1位、2000年現音作曲新人
賞入選(室内楽曲)、2001年日本音楽コンクール作曲部門(室内楽曲)第2位
などを受賞。多数の合唱曲のほかに、歌曲、器楽作品など多岐にわたる。「信
長貴富歌曲集」「こどものためのピアノ曲集 スタートダッシュ」ほか出版多数
。主な作品に「子どもたちの遺言 〜童声合唱と管弦楽のためのオラトリオ
〜」、「エレジアコ・エレキテル」(室内楽曲)、「Fragments 〜特攻隊戦死
者の手記による〜」(歌曲・合唱曲)、「奏楽 〜混声合唱と吹奏楽のための
〜」、「マリンバ協奏曲 混線するドルフィン・ソナー」などがある。

 

こちらの新作を、第252回当団定期演奏会にて初演致します。

詳細は改めて!

東京混声合唱団 第252回定期演奏会
2020年2月8日(土)15時開演 
@東京文化会館小ホール

〔出演〕
指揮:山田和樹 ピアノ:福間洸太朗
合唱:東京混声合唱団
〔曲目〕
M.シェーファー:『自然の声』
S.リーク:『コンダリラ』
信長貴富:混声合唱とピアノのための『鉄道組曲』-2019年度 新作委嘱-
F.プーランク:カンタータ『人間の顔』
公演情報、チケットのご案内はこちら