厚木市文化会館-あつぎ「東混」と歌う会 のみなさまと

ico_wadatomo
ソプラノ
和田友子

こんにちは!東混カナガワン3名のうちの一人、ソプラノの和田友子です。

2017年の東京混声合唱団コンサートは、1月15日、厚木市文化会館(神奈川県)にて、山田和樹指揮 東京混声合唱団 厚木特別演奏会
~あつぎ「東混」と歌う会と共に~ で幕開け致しました!

暖かかったお正月から一転、ついにきた極寒の日でしたが、本当にたくさんのお客様においで頂き、心から感謝申し上げます。

あつぎ「東混」と歌う会
は、今回の演奏会のために集まって下さった、168名の合唱団の皆様と、実行委員スタッフの皆様からなる、スペシャルな会です。今回の演奏会の開催にあたり、企画運営から細部に渡るまで、多大なるご尽力を賜りました。重ねてお礼申し上げます。

さて、会場の厚木市文化会館は、私の大学生活がスタートした思い出の地でもあります。
当時、厚木市内にあった音楽大学に入学した私。手狭な敷地の学校だったので、式典や大きな演奏会を行えるホールがないため、厚木市文化会館、通称「厚文」は、私たちの学校のホームグラウンドでした。

当然、入学式も、「厚文」でした!
あの趣のある、赤い煉瓦の会館の前で、春風にバサバサ吹かれながら友人たちと記念撮影をした日を思い出します。(もう20年以上も前の話だなんて!)

168名の合唱団のみなさんと、ステージ上の山台に上った時には、大学のメサイア公演で「さしみ」になりながらこのステージに立っていたなあと、しみじみ思い出しました。
そして、ステージから見る、神殿のような独特の形の、赤く綺麗な客席を見て、ああこんなだったなあと、タイムスリップしたような感覚になり、しかし東混のメンバーとして、厚木の地元の皆さんとステージに立っているという幸せな現実に、感謝していました。

第一ステージでは、あつぎ「東混」と歌う会の皆さんと共に、混声合唱組曲「水のいのち」を演奏しました。

前日の、山田マエストロとのリハーサルの時、第2曲「水たまり」、第3曲「川」、は特に時間をかけて取り組みました。このリハーサルで、私が掴んだ「水のいのち」は、『リアル感』でした。
壮大なテーマを歌う詩と曲なので、漠然とした想像の世界ではついていけないと感じ、自分の中のリアルな水のいのちを歌わなければと、思いをめぐらせました。

すると自然に、鮎津橋、相模川、丹沢!!!と、学校に通っていたバスからの風景が広がってきました。
そして、「あの水たまりの にごった水が 空を うつそうとする」 「何故 さかのぼれないか」 「空の高みにこがれるいのち」
など、自分の中で、想像上の言葉でなく、実感となって、身体から声が出ていきました。このような感覚で歌えたことは、本当に素晴らしいことでした。

この日のリハーサルは、歌う会の皆さんと東混で、対面式で歌っていたのですが、マエストロに呼応して、皆さんの歌う宇宙が、どんどん壮大になっていくのを感じました。
本番のステージは、さらに熱く展開していきました!

「厚文」で卒業式を迎えてから18年、初めて戻ってきたのがこの日の公演で、厚木の地元の方々と共に、幸せな時を過ごさせて頂きました。本当に、ありがとうございました。

次回の神奈川県内での、山田和樹×東京混声合唱団の公演は、
2017年8月29日(火)14時開演 神奈川県立音楽堂 / 山田和樹指揮 東京混声合唱団 特別演奏会 です♪

2017年スタート!

ico_maya
ソプラノ
木村眞弥

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!地元袋井市の可睡斎にて初詣をし、清々しい新年を迎えました。可睡斎では1日から雛人形が飾られ拝観できるのですが、なんとその数1200体!それがこちら!

20170102_121255

お見事です!会場全体を合わせると、3000体もの雛人形が飾られます。10日間ほどかけてたくさんのスタッフさんが飾ってくださっているそうです!写真ではなかなか伝わらないのが残念ですが、実際に見るとものすごい迫力と美しさで圧巻でした。

さて、今年は酉年。何を書こうか迷っていましたが、酉×合唱…これはなんだか色々でてきそうですね。それでは「鳥」に関する合唱曲…あげていきますよー!

【青鷺】(長谷部匡俊さん)
音楽が熱いです!コンクールうけ、間違いなし!?

【混声合唱組曲「やさしい魚」4.鳥が】(新実徳英さん)
6/8でとっても歌いやすいです。ピアノ伴奏も素敵!

【44わのべにすずめ 】(木下牧子さん)
軽快で愉快な曲で、思わずくちずさんでしまいますよね!

【混声合唱組曲集 いろとりどりのうた 4.鳥】(信長貴富さん)
ピアノの美しさよ…!壮大でさわやか。『それだけでいい』の歌詞も印象的ですね!

【青い鳥】(北山陽一さん)
映画「うた魂♪」の主題歌。去年は東混たくさん歌いました!

【クレーの絵本第1集 黄色い鳥のいる風景】(三善晃さん)
クレー×谷川さん×三善さん!濃いですね~!今度はこの曲を聴いて絵を描く人はいないでしょうか?見てみたいです!東混は今月末に大阪茨木で歌いますよ~!

【合唱組曲「五つの童画」 風見鶏】(三善晃さん)
歌詞は結構残酷。リズムも音もその上でよじれて複雑。

【鳥】(松下耕さん)
4パートの掛け合いが美しいです~!

【からす】(高嶋みどりさん)
『またあした会おう』温かくもちょっぴり切ない気持ちになります。

他にもまだまだ!

【「地球へのバラード」 3.鳥】(三善晃さん)

【鳥のように栗鼠のように】(林光さん)

【鴎】(木下牧子さん)

【一羽の鳥】(岩河三郎さん)

【わたり鳥】(大中恩さん)

【女声合唱のための組曲「ふくろうめがね」】(松下耕さん)

【女声合唱とピアノのための「ぼくは雲雀」ぼくは雲雀】(新実徳英さん)

【組曲「地球よ」かもめは海の鳥だから】(福井文彦さん)

【Le Chant des Oyseau】(ジャヌカン)

【El cant dels ocells】(カタロニア民謡)

【Lerchengesang】(メンデルスゾーン)



おぉ~色々あがりました!まだまだありそうですね!またコメントにもぜひ書き込んでくださいね!
今年1年も皆様にとって佳き一年でありますように…!そして、鳥のようにはばたく一年でありますように!今年も東混をよろしくお願い致します!