うれしいお便り!

itoバス
伊藤浩

 

今年の『八月のまつり』は立秋の前日でしたが、残暑とは名ばかりの暑い日々が続いています。

さて、先日はこんな素敵なお便りが届きました。
otegami01

5月に文化庁「文化芸術による子供の育成事業ー巡回公演事業ー」で訪れた学校の子どもたちが、寄せてくれた公演の感想文です。

みんなで読んでいます。
otegami02

小さなお客様が綴った言葉の一つ一つが、私たちへの大きなエールとなります。
otegami03

心のこもった感想文をありがとうございました!どうぞ健やかに夏休みを過ごしてくださいね。また会う日を楽しみにしています。

東混と校歌

yawaraソプラノ
好田真理

 

残暑お見舞い申し上げます。
今日は終戦の日ですね。

まだまだ暑い日中ですが、夜の風は梅雨明け頃のおそろしい暑さからは変わってきた気がします。

甲子園では今日も暑い熱い球児たちの戦いが繰り広げられています。
テレビで応援していても、1球1球ハラハラドキドキしながら見ています。

昔の話ですが、東混に入団したての頃、高校野球の応援が趣味という先輩に連れられて、仕事のついでに甲子園に応援に行ったことがあります。どこの高校だったかなどは忘れてしまったのですが、太陽の暑さと球児たちの必死に戦う姿を覚えています。

さて、東混の仕事のひとつに、スタジオ録音があります。
アニメや映画の効果音楽のほか、校歌や社歌も録音したりしています。

先輩から聞いた話ですが、かつて「甲子園に行くことになったが、勝った時にかける校歌がない!」と、あわてて発注が来て録音したこともあったそうです。
東混の歌った校歌が、高校球児たちの励みになっていたらうれしいな、と思います。

kousiennosoralet0002-5

最近では、児童生徒数の減少から統廃合になった学校の校歌を記念に残しておこう、と依頼が来ることもあります。

スタジオに着いて楽譜を見て、「あ、これ地元の学校だ」なんてことも。
そうして自宅に帰り、母に「○○女子高校って知ってる?」と聞くと、「母校だよ」との答え。
今は共学になってしまい、学校名が変わってしまったそうです。

昔、母が歌った校歌を、まったく偶然にも娘が記録音源として録音する。
そんなこともありました(おどろきました!)。

我が地元群馬県の代表校、高崎健大が今年も3回戦へ進みました!! おめでとう!
挨拶と機動破壊、そしてbe together校歌で有名な高崎健大。

球児たち、ガンバレ!

ゲーム音楽の夕べ

shimura_b

2015.8.11
テノール 志村一繁

DSC_0135_b

 

8月11日(火)は、昨年来ご一緒することの多い Game Symphony Japan(GSJ)さんとのコンサートでした。
いつもはオーケストラ100人、合唱50人程という大編成なのですが、今回は弦楽合奏に合唱はなんと8人という小編成。その名も(GSJ EX)としての初コンサートでした。
演目はファイナルファンタジーⅦ。金管や打楽器が無くてどこまであのゲームの世界観を表現出来るのか!? その思いはありましたが、逆に繊細で華麗な響きは大編成では出せない魅力となりました。
かく言う東混メンバーも、時にソリスティックに、時に器楽的に演奏し、少しでも世界観を表現する手助けになればと奮闘しましたよ!
また指揮者でありGSJのプロデューサーでもある志村健一さんの、情熱と想いがほとばしっている指揮ぶりにも感化されて、真夏の夜に相応しい演奏になったのではないでしょうか。
この企画は年内、また来年と続いていきます。プロの音楽家によるゲーム音楽の響きを、ぜひ一度体感してみてください。

IMG_3508
(写真:女声合唱メンバーの写真撮影をする志村一繁氏)

P.S.
アニメ・ゲーム好きの私としては、隣の上野の森美術館で開催している「大河原邦男展」もとても気になりました!

DSC_0129

この公演の情報はこちら
Game Symphony Japan EX1


 

【追記】2015.8.13

指揮者の志村健一氏のツイッターでソプラノの木村眞弥が紹介されました。

まつりのあと

a0001_000191

林先生が亡くなってから「まつり」というパズルのピースを探していた。
そのピースを昨夜見つけた気がする。
来年もそのピースを一から探すのかもしれない。
それでも林先生がいないこの世にまだそのピースがあったという喜び。
音楽は人々の心と共に。

寺嶋陸也さんに感謝

2015.8.8
小野寺香織

東混八月のまつり36 のぺーじはこちらからどうぞ。

思い出のメロディー

NCM_0296

放送終わりました!

NHK総合「第47回 思い出のメロディー」
東京混声合唱団、出演させて頂きました!

北島三郎さんのバックコーラスで「帰ろかな」を。曲中に「七つの子」が隠された素敵な編曲。
そして番組のラストを飾った「青い山脈」。
豪華出演者のすぐ後ろで歌わせて頂きました。
歌手の皆様の歌声はもちろん、パフォーマンスに本番のオーラ、すごく魅力的でした。

「帰ろかな」では大量の銀吹雪が降ってきました!!
頭に肩に、くっつきます。さらには衣裳の隙間をくぐって体の中まで銀吹雪。
大きい口で歌っていると、口の中にも銀吹雪!それでも歌いました!

 

午前10時過ぎの楽屋入りでしたが、その時すでにNHKホールにはお客様が並んでいました(番組は19:30~22:00の生放送)。
暑くて大変な中でも並んで待つファンの声援は、舞台の上までしっかり届いてきました。熱かったです!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。