NEWS詳細

更新情報
News&Topics

芸術祭大賞! 2016.12.27

【文化庁芸術祭大賞!】

平成28年11月7日(月)、サントリーホールに於いて開催されました「柴田南雄~生誕100年・没後20年~山田和樹が次代につなぐ~ゆく河の流れは絶えずして~」が、この度、平成28年度(第71回)文化庁芸術祭・音楽部門 大賞を受賞いたしました。 文化庁発表による受賞理由は以下です。

「柴田南雄生誕100年・没後20年記念演奏会は,山田和樹が指揮を執り,日本フィルハーモニー交響楽団,東京混声合唱団,武蔵野音楽大学合唱団らとともに目覚しい成果をあげた。交響曲「ゆく河の流れは絶えずして」では,柴田の多様な作風とシアターピース的性格が明確に示され,「追分節考」では,サントリーホールの音響を活かした類稀なる音楽空間が生み出された。」

実行委員長の山田和樹より受賞にあたってのお知らせです。

平成28年度(第71回)文化庁芸術祭・音楽部門 大賞 受賞のお知らせ

11月7日の『柴田南雄生誕100年・没後20年記念演奏会』開催にあたり温かいお力添えを頂きありがとうございました。
おかげさまで、平成28年度(第71回)文化庁芸術祭・音楽部門におきまして、大賞を受賞いたしましたことをご報告申し上げます。
自分のひらめきの一言に端を発した演奏会が、こうした大きな賞をいただくことに驚くと同時に、多くの方々に認めていただいたことを、とても光栄に思います。
公演をやり遂げて改めて思うのは、柴田南雄先生の偉大さです。彼の独自の視点は、時代を超えても全く色褪せることのない輝きを放ち続けています。
今後も、柴田南雄先生の遺した宿題には、一生をかけて取り組まなければならないだろうと思っています。
出演いただいた日本フィルハーモニー交響楽団、東京混声合唱団、武蔵野音楽大学合唱団に心から感謝すると共に、発起人の皆様、実行委員会の皆様、ご協力いただいた全ての皆様、そしてお聴きいただいた皆様に、改めてお礼を申し上げます。
なお、この公演の模様は、NHK Eテレ「クラシック音楽館」で2017年2月12日(日)21時~23時に放送予定です。ぜひご覧いただければ幸いです。
今後とも皆さまの温かいご支援のほど、お願い申し上げます。
年末ご多忙の折ではございますが、皆さまお身体にお気をつけて良き新年をお迎えください。

柴田南雄生誕100年・没後20年記念演奏会実行委員会
代表 山田和樹
2016(平成28)年12月27日


なお、授賞式は平成29年2月6日(月)午後3時30分から,明治記念館で行われます。


柴田南雄~生誕100年・没後20年~
山田和樹が次代につなぐ
~ゆく河の流れは絶えずして

平成28年11月7日(月)19:00開演
サントリーホール

指揮:山田和樹
管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団
合唱:東京混声合唱団(30名)、武蔵野音楽大学合唱団(82名)
尺八:関 一郎

柴田南雄:ディアフォニア
柴田南雄:追分節考
柴田南雄:ゆく河の流れは絶えずして

文化庁ホームページより 平成28年度(第71回)文化庁芸術祭賞の決定について