国立民族学博物館訪問


バス
熊谷隆彦

所用で関西に行かなくてはならないので、ちょうど時間もあったので、大阪府吹田市の万博記念公園の中にある「国立民族学博物館」に行ってきました。

目当てはアンセムプロジェクトで様々な言語指導でお世話になった菊澤律子先生にお会いするためです。(プロフィールなどはこちらこちら)立派な建物です。

世界中の様々な国の言語や文化などが紹介されており、このところ、ディクション漬けになっていた私としてはたいへん興味深いものでした。

タイ語の文字がかわいいですね、と言ったら菊澤先生のオススメ文字はこれ。かわいいでしょと紹介してくれました。(どこの文字だかわすれてしまいましたが。。。ごめんなさい!!)

基本、博物館は撮影禁止なので、展示物の画像はありません。

菊澤先生に博物館を案内してもらうという、夢のような気分ですが、最後には研究室までお邪魔しました。

入り口の漫画とか、お茶目ですね。

先日の震災で棚から本が全部落ちてしまい、余震に備えて落ちないようにしてあるそうです。博物館も一部震災の影響で閉鎖している展示もあるそうです。(今月中旬には全館開館するようです。)

最後にはツーショット写真お願いしちゃいました!

太陽の塔も暖かく見守ってくれたと思います。

大阪モノレールの「万博記念公園」か、JR茨木駅からバスが便利です。皆さんも、是非訪れて見てください!

国立民族学博物館WEBサイト

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました