間をはさみ心に染み入る言葉かな

コンサート・マスターico_tokusan
バス 徳永祐一

 

第237回定期演奏会の4日前、
10月5日に「青きスパーク」の作曲者、平川加恵さんがリハーサルに立ち会ってくださいました。
我々の演奏を聴いた後、平川さんの口から
「ここぞという時、大切にしたい言葉の前に休符を使っている自分に気がついた」
という言葉が出てきたのです。

うんうんわかってますよ。
と心の中で応える私。

定期のリハーサルが始まってすぐ、指揮者の田中先生から
「どうですか?青きスパーク」と聞かれた時、
「バスパートソロ冒頭の休符がお洒落ですね。」と答えた。
前回投稿した ” 休符の虜 ” になっている私だから仕方がないのデス。

平川さんとのリハーサルを終えて、アップビート扱いの箇所を探してみると、
自分のパートだけで確か29箇所以上有った。
正確な数字でないのは、29まで数えて止めたから。

数えた時は正直、やりすぎ?
と思ったが、曲自体はとてもスムーズに流れます。
演奏を聴かれた方もそれほど意識されなかったのではないでしょうか。
甘いアップビートに乗って、言葉がじんわりと土に染み込む水のように
聴く人の心まで届く作用が働いたのかもしれませんね。

『タイムマシーンにおねがい』と『青きスパーク』
休符の置かれ方は同じなのに、これほど印象の変わる曲が出来上がるものかと感心させられました。
もちろん他の要素も大きいのですが、オモシロイものです。

あ、
今、もう一つ思い出しました。
ベートーヴェンの第九。
散々アウフタクトを使ってますが、
二重フーガ前 über Sternen muss er wohnen の歌い出しでは、
3拍子の1拍目に休符を置いていますね。
聴いていると1拍目に飛び出してしまう人がたまに居ます(涙)

そして最後に、
どうしてもここで言っておきたい歌い出し休符のお気に入りのうたがあります。

林 光 せんせい編曲の『お菓子と娘』(橋本國彦作曲)

日本抒情歌曲集第1巻をお持ちの方は(お持ちでない方も是非)覗いてみてください。
無伴奏だから尚よろし。

ジャカジャンのジャンをずらして力増し

ico_tokusan

コンサート・マスター
バス 徳永祐一

「タイムマシーンにおねがい」って曲、皆さんご存知ですか?
サディスティック・ミカ・バンドによる日本語ロックのちょーゴキゲンな私のお気に入りの1曲です。

何故この曲が好きか?
って思われる方に少々ご説明を。

この曲で私は休符の洗礼を授かったのデス。

この曲、イントロ後の歌い出しが、
何と!
休符から始まっているのデス。
4ビートのイントロから、さぁ行くよ~って時に突然!
四分休符の大ブレイク。
その直後に全パートがジャーン!なのであります。

ここで、この曲を知らないって人は読み進めるのを止めて、早速
「タイムマシーンにおねがい」をダウンロードしましょう。

しましたか?

では、続けます。

普通なら、歌い出しの1小節前からカウントして
1、2、3、4ジャカ、ジャン
(4の裏拍がジャカ、で次の小節1拍目がジャン)となるところ、
1拍目がジャン抜きなのです。
頭の中では「ジャカジャン」だったものが、
ジャン抜きの肩透かしを食らった挙げ句、
その直後にジャーンの衝撃を味わうのデス。

これを初めて聴いた時の衝撃たるや、今でも忘れる事が出来ません。
忘れられないからこうして書いているのデス。
あのビートルズでもこれはやっていなかったかも知れません。
(有ったらゴメンナサイ)

音楽用語でいう弱起の1つなのですが、ジャカジャン前借りビートの
不完全小節崩しがミソなのデス。

1、2、3、4ジャカ
!! 、ジャーン

!! 、が四分休符デスね。

824-1

この画期的な『 !! 』休符の虜になってしまったのデス。

皆さんこの感動、お分かりになられたでしょうか?
或いは
ついて来られてますか?

ここで、
1 2 3 と数えながら手拍子を三回叩いてみてください。

パンパンパンの手拍子が
1 2 3 と合ってましたか?

簡単ですよね。

824-2

これが欧米やアフリカ系の人だと

1パン2パン3パン

824-3

と捉える人が結構居ると聞いた事があります。
こうなると ” 擦りて手 ” 文化のジャパニーズはシドロモドロデスネ。

休符や裏拍についてここまで熱く語ったのにはもう一つ訳があります。
それは先日行われた定期演奏会のリハーサル中での事。

それについては長くなるので、また後程投稿する事にします。

つづく

前橋お勧めグルメ!

watayuki
アルト
渡辺ゆき

bento

先日、前橋の中学校へ演奏会に行ってきました。
お昼ご飯にとご用意して頂いたこちらのお弁当、登利平(とりへい)の鳥めし!!
ご飯の上に甘辛く味付けされた薄切りの鶏肉が敷き詰められています。
その甘辛いタレがしっかりしみ込んだご飯の美味しいこと✨✨
シンプルながら本当に良いお味。
東京ではなかなか手に入らない逸品です。
前橋にお越しの際には皆様も是非お試しを〜!

第237回定期演奏会 作曲家平川さんコメントあり!

watayuki

アルト
渡辺ゆき

10月9日に第237回定期演奏会が上野の東京文化会館小ホールにて行われました。
指揮者は田中信昭先生、なんと御歳87歳!そんな御高齢など感じさせない、
委嘱作品への取り組みは東混の宝だと思います。
PA060091
今回、「青きスパーク」作曲者平川加恵さんが、練習にも立ち会って下さいました。
この「青きスパーク」は5曲から成る組曲ですが、詩は平川さんの詩人であられたお爺様が書かれたものだそうです。
hirakawa
日本語の持つ美しさ、力強さ、静けさ、そういったものがピアノの美しい伴奏と共に表現され、歌いながらその言葉の世界にどっぷりと浸りました。
是非また演奏したいです。本番の演奏後に平川さんよりコメントを頂きましたので、是非お読み下さい!

〜平川加恵さんより〜
このたび東京混声合唱団の皆様に作品を演奏していただき本当に嬉しく思います。合唱曲を作曲する時間は、言葉の持つ色や手触りに包まれる幸せな時間です。言の葉が放つ光を温かなものとして届けることができたのなら幸せに思います。

ステキなコメントです。やはり歌は言葉。沢山の言の葉を大切に、音楽を紡いでいきたいです。

PA090017(終演後のロビーにて)

三善晃の音楽2015終演

takayuki

アルト
高橋由樹

みなさん、こんにちは。
季節は秋。和栗のモンブランと椎茸が大好きな高橋由樹です。

10月4日、三善晃先生のご命日に、先生の歌曲を歌う機会をいただきました。お話をいただいた8ヶ月前には、どんな心境でステージに立っているのか、想像が出来ませんでした。
ソロのステージで、常にどこかに緊張感がありましたが、旅の移動中の乗り物やホテルで楽譜を眺めながらイメージを膨らませたり、ピアニストの浅井道子さんとの合わせはとても幸せな時間でした。
とにかくピアノが美しい。「四つの秋の歌」キラキラと宝石のような音色。
「かっぱ」どこかコミカルな感じ。
「仔ぎつねの歌」きつねたちの躍動感や秋の風景、歌う度に新しい発見がありました。

PA060004

姪(小学三年生)が、よく練習を聴いていて、えびがはねたよ、栗の実、が特にお気に入り。「おばちゃん、えびの歌、歌って!」とリクエストされました。
絵本の読み聞かせをしているようで楽しかったです。三善先生の曲は、子どもの心に、すっとなじんでいくんですね。

歌が好きで、歌い続けてきました。若い頃は、自分の歌いたい欲が一番で歌っていた気がします。
いまは、同じ時間を共有してくださるお客様の心に、なにかひとつでもお土産を差し上げることが出来たら、と思っています。

お運びいただきましたお客様、本当にありがとうございました。
札幌から応援電報を贈ってくれた友人、厳しくも的確で次の演奏に繋がるような感想メールを下さった高校時代の恩師、温かなメッセージをありがとうございました。

定期演奏会も終了し、次の東混の仕事は学校が中心。各地の児童、生徒のみなさんにお会いできることを楽しみにしています!

PA060015

三善晃の音楽2015
10月4日(日)
15:30開演

文京シビック小ホール

*出演者
マリンバ、打楽器/藤井むつ子、藤井はるか、藤井里佳
メゾ・ソプラノ/高橋由樹(東京混声合唱団)
合唱/NHK東京児童合唱団、NHK東京児童合唱団ユースシンガーズ
ピアノ/浅井道子、苅谷麻里
指揮/大谷研二、金田典子
*プログラム
トルスⅤ ~3台のマリンバ~ (1973)
童声合唱とサヌカイト、マリンバのための<ヤマガラ日記> (1991)

[独唱]
仔ぎつねの歌(1975)
栗の実
かっぱ
なんのき
貝がらのうた
えびがはねたよ (1967)

<四つの秋の歌> 駅、忘れられた海、林の中、枯れ葉 (1963)

<唱歌の四季> 朧月夜、茶摘、紅葉、雪、夕焼小焼 ~童声合唱とピアノ~ (2002)
こどものための合唱曲集<光のとおりみち> ~童声合唱とピアノ~ (1980)