うた旅

ソプラノ/コンサート・マスター
松崎ささら
私はときどき森美術館へ出かけるのが好きなのだが、そこではいつも新しい概念と出会うために足を運ぶ。そろそろ、そんな時期に来ている。
8月は林光と木下牧子と上田真樹、9月はロッシーニと叙情歌をたっぷり歌ってきた。
そして、今週はボリス・ブラッヒャー率いる師弟たちの音と対話中。
尽きることのない世界が広がる音楽。この2ヶ月だけでも、割と様々な音をくぐり抜けてきた。今、自分がどんな状態の生命体なのか試されるとき。
山カズさん探し出す宇宙は、どんな味がして、どんな触感があるのか…
9月14日の第一生命ホールで、答えが見つかりますように!

コメントを残す