東混のとあるひと月。

日常

北京の朝日をお届けしました。


10月が終わりましたね。良いニュースばかりではありませんでしたが、1つ1つの公演で、皆様が元気になれればと思いながら日々活動しております。

東混の1ヶ月を、ぜひ、覗いてみてください〜。

オフショット多めでお送りします。

初旬編〜充実〜

10月初めは、文化庁公演のワークショップがありました。2グループ別行動で、今月(11月)の本公演に向けて演奏を聞いてもらったり、校歌などの曲を一緒に歌ったりしましたよ〜。

子どもとの関わりで本当に色んなことに気づかされます。

京都組。ピアニストMI・YA・TA(嘘)
佐渡組。良い歌が歌えそうな海!

その週末には、名古屋しらかわホールでの「ふれあいFan Funコンサート2019」!名フィルさん、名芸のみなさんと共に、鈴木忠明さんの指揮で歌いました!

デニスさんや高谷さん、首藤さんも共に。東混はウクライナやロシアの曲、大好きです♪

東混公式Twitterより。

中旬編〜濃いめ〜

待ちに待った尾高さん指揮、第250回定期。

台風の影響で10月中の開催は叶いませんでしたが、2月に延期できることとなりました。

リハーサルは暗い雲がかかる中でしたが、尾高さんの音楽で心は明るくなりました。(YouTubeにリハーサルの様子がアップされています!)

【東京混声合唱団】第250回定期演奏会リハーサルより「春の岬に来て」【指揮:尾高忠明】

※ぜひ2月、ご来場ください!(2/21(金)トリトンスクエア、2/29(土)大阪いずみホールです。詳細はURLをご覧ください。)


16日から22日にかけては、中国は上海&北京での海外公演がありました!

第22回北京国際音楽祭にて、デュトワさんにお呼びいただいて、ベルリオーズ「ファウストの劫罰」を演奏して参りました。

凸凹組。北京にて。

ハツラツ!な上海交響楽団さん、心が震えるようなソリストの皆さん、そしてデュトワさんの音楽に魅せられ、沢山の刺激を受けました。

そんなバナナ!差し入れありがとうございます!

北京では、現地の合唱団の方々が交流会に招いて下さいました。東混の他、現地の3つの団体と演奏を披露し合いました♪

お招き頂きありがとうございます♪

現地の方々の演奏は素晴らしく、特に日本語曲(!)の美しさに私たちはびっくりしてしまいました。

最後に中国の古典民謡である「茉莉花」という曲と、「夏の思い出」を一緒に歌いましたよ〜。

現地の方からのお土産クリアファイル。会議中ver.
平野教授(?!)の食べ方講座、祝・開講/

上海、北京で関わってくださった全ての皆さま、本当にありがとうございました!

【東混のとあるひと月。後編へ続く】

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました