「八月のまつり」寺嶋陸也さんインタビュー第2回

8月7日(金)勝どき・第一生命ホールにて「東混・八月のまつり36」がありました。
「八月のまつり」は、林光作曲「原爆小景(詩・原民喜)」 の演奏を柱としたコンサートシリーズです。
「まつり」に長くたずさわり、委嘱曲「予兆」の作曲、そして指揮とピアノを引き受けてくださった寺嶋陸也さんに、練習の合間をぬって、いろいろお話をうかがいました。
コンサートはすでに終わってしまいましたが、「八月のまつり」を振り返りましょう。
第2回の今回は、先のコンサートで演奏された寺嶋2作品についてお話頂きました。
「花筐(はながたみ)」の誕生について。
委嘱作品「予兆」の、団員がちょっと驚いた話!

*今回演奏した「花筐(はながたみ)」について*

寺嶋(以下寺):今回は新作の他に「花筐(はながたみ)」(作歌・良寛)という曲をやります。これは楽譜にそんなこと書いたりはしませんでしたけど、2012年1月に光さんがお亡くなりになったんですが、この曲は春に作曲して8月の初演で、僕の気持ちとしては、花を集めて光さんにお供えしようっていうような気持ちでした。それとは別に、たまたまその頃、別の曲でも良寛のテキストを使ったものを作ってたんですけれども、良寛の生き様を見ると、現代人の欲望っていうものを考え直さなければいけないのではないか、という風なことを考えさせられました。今回これをプログラムに入れることができたのは、大変嬉しいです。
高橋(以下 高):林先生追悼の「まつり」は2012年でしたね。
寺:そうですね。2012年はとにかくどうしようかってバタバタしてて。山田和樹さんが振ってくださって、原爆と抒情歌は僕がやってっていう流れだったんですけど。

高:そうでしたね。
寺:その翌年、僕に「お任せしますから」って言われて。本当はその時に「花筐」をやりたいと思っていたんですが、「もうじき春になるだろう」(詩・城左門/曲・山田和男/編曲・林光)とかね、そういうのが入ってて、なんかこう、似た感じの曲がならぶ印象がある、と小林さん(東混事務局)がおっしゃったんでこれはやめて、自作の曲は、戦争にも関係の深い「ふるさとの風に」(詩・竹内幸三)を入れました。

terashima2-1

*寺嶋さんへの委嘱は実は*
寺:「予兆」(詩・木島始)は今回のために、初めて東京混声合唱団から委嘱を受けて作曲したものです。
高:えっ!初めて?
好田(以下 好):初めてなんですか?
寺:初めてなんです。

好:あれ?知らなかった。当然のように寺嶋さんの曲はいつも歌ってたから。
高:なんどか曲は「まつり」で歌ってますよね?
寺:「まつり」では、光さんが僕の曲を取り上げてくださったんですけど、東混から依頼を受けたことは一度もなくて。

好:東混で初演ていうのはあったけれども?
高:委嘱ではない?
寺:林光の委嘱っていうのはありましたけども(笑)

高:そうなんですか!
寺:「八月のまつり」でやりたいから、曲書いてって言われて書いたことはあります。それは光さんからの委嘱ってことで、光さんから作曲料を頂いて(笑)

高:じゃあ、直接東混からの委嘱は今回が初めて?
寺:初めてなんです。小林さんからは「今まで頼んでなかったんだね、ごめんね」とか言われましたけど(笑)

terashima2-7

*委嘱作品「予兆」*
高:「予兆」の作曲は松本で?(楽譜の最後に「26,?,2015 松本」と書かれている)
寺:僕はどこで完成したかってことをいつも記してるんですけど。だいたい下書きを作っておいて、旅先で仕上げを。旅先だとまとまった時間が取れるので、それで清書するっていう。これはねえ、締め切りが5月30日だったんですけど、ちょっとあわてて書いたもんで。えーとね、1曲目の途中までは別の日だったんですけど、あとね、一気に書いちゃったんです。それでだんだんだんだん目がおかしくなってきちゃって。だから消しゴムで消してもそれが残ってたり。

好:ソプラノに書いてみたけどアルトに書き直してみたり、とか。
寺:だからみなさんにご迷惑をおかけして、恥ずかしいんですけども。

好:いえいえ!作曲の形跡がわかっておもしろいです。
寺:皆さんに歌っていただいて、すごく光栄です。

好:歌い甲斐のある曲ですね。和音が、1小節の間でもころころ変わってるじゃないですか。なかなかついていくのが大変なんです。
<続く>


まだまだインタビューは続きます。
次回は作曲家としてのちょっとした本音や、外から見た東混の姿などを語ってもらいました。
次回もお楽しみに!

寺嶋さんインタビュー第1回の記事はこちら。

「泣ける」合唱曲「嫁ぐ娘に」

~9月4日(金) いずみホール定期演奏会No.20に寄せて~

midori

アルト
志村美土里

東混に入団以来、それはもう数え切れないほどたくさんの合唱曲を演奏して来ました
歌いながら思わずホロっとする作品にはときおり出会いますが、練習中から本番まで一貫して「涙が込み上げてくるのを止められない」作品は、三善晃さんの「嫁ぐ娘に」をおいて他はありません。

演奏経験のある方はお解り頂けるのではないかと思いますが、この作品を歌っていると、高田敏子さんと三善晃さんが作品に込めた優しい想いや戦争に対する怒りと哀しみ、そして人間への希望が和音とともに溢れ出してくるのです。
それにどうしようもなく感動してしまい、「ヤバい、ヤバい、ここで泣いては声がーっ」と思いつつも、目の前がうるんで、鼻水が(笑)

このブログをご覧の皆様にだけ、そっとお教えしますが、私の一番の泣きポイントは、「嫁ぐ娘に」の最終曲「かどで」のラスト4ページ(42~45ページ)です。

とはいえ、演奏する側が泣くのではなく、聴いているお客様を泣かせないといけないので、本番では冷静な頭と熱いハートで、しっかりと歌いあげたいと思っております。

短調で哀しみ、長調で喜び、という単純な構造ではなく、さまざまな和音が折り重なってハーモニーを形成している三善晃さんの作品の真髄を感じて頂けるよう、頑張ります。

今回は、これ以外にもさまざまな作品を演奏致します。

難曲として知られ、なかなか実演に触れることが無いと言われる「クレーの絵本 第2集」。

以下に、三善晃さんご本人の言葉を引用致します。

クレーの風景と谷川さんの眼が、私に遠近法を許してくれる、と、第1集でも述べたが、それは今回も同じである。それは今回さらに深く感じられて音構造の陰影につながったように思う。地表の背律や不合理、生の哀しみや痛みが、その遠近法を彩色するのだが、その色彩に透視されるものは虚無や絶望でなく、地表への希いと生への愛であり、そこに、詩が私を捉え、私が音を書きたかった理由がある。
1980.6.5 三善 晃
(カワイ出版楽譜より)

どうぞ、いずみホールにて、三善晃さんの「愛の結晶」を、耳で、身体で、存分に味わって頂きたいと思っております。

そしてさらに、
東混の最新CDである
「日本の合唱セレクション20」
http://toukon1956.com/public/pb_detail_FOCD9687.html
FOCD9687

こちらの中から選りすぐりの10曲をお聴き頂きます。
こちらのCD、とても大好評でして、すでに都内のCDショップでも品薄状態とか!?

それぞれの作品に、合唱を愛する人々の想いと、十人十色の思い出が込められていることでしょう。
自分の青春時代に歌った歌は、たとえ何歳になっても色褪せない輝きに満ちています。
「ああ、あの時は自分も高校生だった…」と、ひととき、私達の演奏に浸りながらタイムトリップをして頂けましたら幸いです。

そしてもし、この中に知らない作品があったとしたら、むしろそれを聴きにいらして頂きたいなと思います。

愛される作品には、理由がある!!

その理由を、9月4日にいずみホールで確かめてみませんか?
どうぞ、合唱を愛する皆様のお越しをお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月4日(金) いずみホール定期演奏会No.20
プログラム
◎三善晃 関西ゆかりの合唱作品

■三善晃:作曲
MIYOSHI Akira(1933-2013)
混声合唱曲「嫁ぐ娘に」(1962)
嫁ぐ日は近づき
あなたの生まれたのは
戦いの日日
時間はきらきらと
かどで
高田敏子:詩

■三善晃:作曲
MIYOSHI Akira(1933-2013)
混声合唱組曲「クレーの絵本 第2集」(1980)
黒い王様
ケトルドラム奏者
黄金の魚
まじめな顔つき
死と炎
谷川俊太郎 詩

◎いずみホール定期演奏会20回記念
~この20年、愛された日本の合唱曲選~

ふるさと(1971)
(矢澤宰作詞・萩原英彦作曲)
海はなかった(1975)
(岩間芳樹作詞・広瀬量平作曲)
ひとつの朝(1978)
(片岡輝作詞・平吉毅州作曲)
方舟(1980)
(大岡信作詞・木下牧子作曲)
かみさまへのてがみ(1984)
(谷川俊太郎作詞・?嶋みどり作曲)
IN TERRA PAX-地に平和を-(1990)
(鶴見正夫作詞・荻久保和明作曲)
聞こえる(1991)
(岩間芳樹作詞・新実徳英作曲)
きみ(1994)
(谷川俊太郎作詞・鈴木輝昭作曲)
信じる(2004)
(谷川俊太郎作詞・松下耕作曲)
くちびるに歌を(2006)
(ツェーザー・フライシュレン作詞・信長貴富訳詞作曲)

チケット:全席指定 S席4,500円 A席3,500円 B席2,000円
お問い合わせ:大阪アートエージェンシー 06-6459-9612

「八月のまつり」寺嶋さんインタビュー第1回

8月7日(金)勝どき・第一生命ホールにて「東混・八月のまつり36」がありました。
「八月のまつり」は、林光作曲「原爆小景(詩・原民喜)」 の演奏を柱としたコンサートシリーズです。
2011年までは林光さん(2012年没)が自ら指揮を振ってくださいました。
「まつり」に長くたずさわり、今回の委嘱作品の作曲と、指揮とピアノを引き受けてくださった寺嶋陸也さんに、練習の合間をぬって、いろいろお話をうかがいました。
コンサートはすでに終わってしまいましたが、「八月のまつり」を振り返りましょう。

terashima_ico takayuki yawara
作曲・指揮
ピアノ
寺嶋陸也
アルト
高橋由樹
ソプラノ
好田真理

林光さんと作品のこと

好田(以下 好):今回のインタビュアーの高橋は林光先生の大ファンで、毎年毎年「八月のまつり」にかける想いはすごく強いんです。なのでインタビューを一緒にお願いしました。林先生が亡くなられたことにもすごくショックを受けていまして…
高橋(以下 高):私は入団が2003年だったんですけれども、10年前に広島で「まつり」をご一緒した時のことですとか(2005年)、やっぱり入団してすぐの年のこととかが印象深くて。「マザーグースの歌(詩・谷川俊太郎)」をやったんです。あと、出版はされてない譜面で「地の歌 風の歌(北米先住民族の口承詩 訳・金関寿夫)」という、いろんな民族の。

寺嶋(以下 寺):ああ!アメリカンインディアンのですね。出版されてないかもしれないですね。10曲くらいある曲。
高:はい、それをぜひもう1回、どこかでやりたいですね。あれっきり東混でも演奏してないんです。マザーグースは演奏の機会があれから何度かあったんですが、そちらの曲はなくて。

寺:そういう曲もやっていけるといいですね。光さんの曲って意外に出版されてないもの多くて、合唱に限らずなんですけど。初演でそれきりになっちゃってるっていうのもわりとあったり。曲の真価がわかんないままになっちゃうっていう曲が今までにもあったので、そういう曲もね、やれるといいですね。
高:よく歌われている「うた」「ねがい」(詩・佐藤信)も出版されたのはわりと最近ですよね。(全音楽譜出版社 作曲は1982年)

寺:出版はそうですね。ただね、あれはもう楽譜はいっぱい出回っていて、楽譜くれって言われたら惜しみなく送ってくださるスタンスでしたから。
高:私もバイオリン付きのを事務所に問い合わせたことあります。そういうのもほんと惜しみなく、お願いすれば「どうぞ」っていう。
寺:そうでしたね。

 hikaru_2
(「八月のまつり」のリハーサルで打ち合わせ中の林光氏と寺嶋陸也氏)

高:あと編曲ものですごく私が覚えてるのは、「曼珠沙華(山田耕筰)」で、林先生が「これだけは伴奏をぼく、いじれなかったんだよね」っておっしゃっていて。
寺:ああ、最後に後奏がついてる。
高:ええ。後奏はついてるけれども、「本編のほうはこんなにうまくできてるのってないからいじれなかった」っていう。しみじみおっしゃっていたのが印象に残っていますね。
寺:まあ亡くなりかたもね、どこも悪くなかったのに突然亡くなったっていう感じだったから…。亡くなったばかりの時はなんだかよくわからなかったけども、年々こう、いないことの、なんていうかその、さみしさというか重さというか、そういうものが応えてきて。特に震災があって、原発事故があって、今こんなような政治の状況で、光さんがいたらなんて言っただろうなあとか。いないってことのさびしさってこう、本当に、しみじみ感じますね。

東混と林光、そして寺嶋陸也さんのつながり

daigo_fukuryumaru(第五福竜丸展示館のコンサートチラシ)

高:江東区の、第五福竜丸展示館でのコンサート(2010年)あのときのことも鮮明に覚えていて…12,3人かな?すごく少ない人数だったんですけど。「原爆小景」の「日ノ暮レ」と「夜」は人数的にできないから、「水ヲ下サイ」と「永遠のみどり」だけやったのかな。林先生には、先生ならではの演奏の機会をたくさん与えていただいて、それが本当に私はもう毎回楽しみで!「雨の降る品川駅」(詩・中野重治 曲・寺嶋陸也)あの曲もよく覚えていて。
寺:ああ!そうそう、あれやってた。もともとは劇のために書いた曲だったんですけども。

高:この間の六花亭も林先生がつないでくださった仕事だったし(7月25、26日札幌六花亭ふきのとうホール)、こういう機会はたぶん東混にいないと持てなかった機会だと。まず直に作曲家の先生方に会えるというのもなかなか無いですし。まあ、今はアマチュアの方でも委嘱活動はとても盛んなので機会は増えたと思うんですけれど、これだけたくさんの機会を持てるっていうのが東混にいて非常に幸せなことで。
hikaru_3
寺:小林さん(東混事務局)が熱心にね、「まつり」に関してはね、ずっとやってたんでね。
高:もともとその、林先生に聞いたのかな?8月は演奏の機会が少ないって…。
寺:「あんまりいい仕事ないから…」

高:みたいのを練習の合間にぼそっと、「8月って暑いし演奏会もないから、じゃあなにかやろっか」っていって始めたみたいなお話をされたことが、確かあったと記憶しています。

好:寺嶋さんは「まつり」の出演は?
寺:出演は、第10回くらいの頃が初めてだったかなあ。20回以上出演させてもらっています。

好:小林さんはいつから?
寺:小林さんはもう1回目からずっと。僕が初めて東混と一緒させて頂いたのが「まつり」なのか、それとも…?旧奏楽堂で光さんが指揮してシリーズをやってたことが5回くらいありました。一番最初にやったのは「埴生の宿」でしたね。それの第1回にピアノ弾きに行ったんです。その時か、「まつり」が最初か…覚えてないんですけど。秋島さん(テノール)とは大学で親しくしてて。旧奏楽堂の時は秋島さんは入団してたんですよね。

寺嶋さんはピアニストでもあります…しかし?

hikaru_1

寺:「まつり」もね、おもしろいことがあったんですよ。頼まれてたのにプログラムにピアノの入る曲なくなっちゃったって、それで突然キャンセルってことが(笑)
高:それは発注のミス?
好:ピアノ頼まれてたのに必要なかった?
寺:そう。もう毎年だから、終演後に「来年もお願いします」とかっていう感じで。

高:1年前にもう頼んでて?
寺:そのあと正式に「今年もお願いしますね」っていうのがいつもは何ヶ月前かにあって。でもプログラム作ってみたら今年はごめんねって(笑)。あとは、光さんが自分で弾くとか言って。ピアノは抒情歌くらいしかなくて、それは自分で弾くって。抒情歌の曲目なんかは小林さんが選んでたんじゃないかな。

好:今回の山田耕筰(没後50年)の選曲は?
寺:今回は僕が。(抒情歌集の)6曲全部選んでもよかったけど、長いかもしれないかなとか思って。「ペチカ」はあまりにも季節はずれだなって。「待ちぼうけ」は最初からもう、ああこれはアンコールにしようと。考えてみたら、全部(詩が)北原白秋なんですよね。

<続く>

(今回記事中に使用している写真は2010年8月9日「八月のまつり31」の際に秋島光一が撮影したものを林光さんの許諾のうえ使用しています。)


短い時間で結構ですので、とインタビューを始めました。
けれど気が付いたら30分以上!寺嶋さんも楽しそうに話してくださいました。というわけで、内容盛りだくさん。今回はここまで。次回は、今回演奏した寺嶋さん作曲の2曲「花筐(はながたみ)」と新作「予兆」について語っていただいた内容を、お届けします。
(次回更新は8月31日を予定しています)

youtubeに動画をアップロードしました!

今回、ブログサイト立ち上げを記念して、ブログサイトのジングルを作成しました。
せっかくなので、画像を付けてプロモーション用にyoutubeに動画をアップロードしました。
上のボタンを押してもご覧いただけます。

※大変短いです。ご了承ください。

動画名:東混団員ファンタスティックブログプロモーション
音楽:ブログサイトジングルA(作詞:山田和樹/作曲:熊谷隆彦)
演奏:東京混声合唱団団員有志
使用画像撮影:渡邉隆寛

この記事について感想をお聞かせください

View Results

Loading ... Loading ...

うれしいお便り!

itoバス
伊藤浩

 

今年の『八月のまつり』は立秋の前日でしたが、残暑とは名ばかりの暑い日々が続いています。

さて、先日はこんな素敵なお便りが届きました。
otegami01

5月に文化庁「文化芸術による子供の育成事業ー巡回公演事業ー」で訪れた学校の子どもたちが、寄せてくれた公演の感想文です。

みんなで読んでいます。
otegami02

小さなお客様が綴った言葉の一つ一つが、私たちへの大きなエールとなります。
otegami03

心のこもった感想文をありがとうございました!どうぞ健やかに夏休みを過ごしてくださいね。また会う日を楽しみにしています。