ウィーンフィルとの共演。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バス
下西佑斗

こんにちは。バスのしもにーです。先日10月12日(水)、ウィーンフィルとの第九の演奏会がサントリーホールにて行われました。

ウィーンフィルといえば、みなさんご存じのように、世界的にとてもとても有名なオーケストラで、僕自身もウィーンフィルと共演できるこの日をとても楽しみにしていました。

指揮者のズービンメータさんは、オーケストラと独唱、合唱、それぞれの良さを存分にいかした音楽を作り上げ、一つにまとめ、まさに音楽界の巨匠という感じを受けました。

また、ウィーンフィルのみなさんの奏でる音、一音一音が、ときにはとても綺麗でとても澄んでいて、ときにはとても重々しく、まさに音が生きているような、ウィーンフィルにしか出せない音色を感じることができました。

4楽章が始まって、歌い進んでいき、終わりに近付いてくると、「あぁ、この幸せな時間があと少しで終わってしまう…。」と、とても寂しい思いもありましたが、演奏が終わったあとに、たくさんのお客様からの大きな拍手、たくさんのブラボーの声を頂いて、本当に自分にとって貴重な経験をしたと思いましたし、最高の舞台にたつことができて、本当に幸せだなと、心の底から思いました。

ウィーンフィルのみなさん、マエストロ、ソリストのみなさん、合唱で共演した、国立音楽大学の学生のみなさんとサントリーオペラアカデミーのみなさん、その他お世話になった多くのみなさんに、感謝したいと思います☆

1476418905390

写真は、今年30周年を迎えたサントリーホールの前で、仲良し同期生のゆうこりんこと佐藤祐子さんと一緒に撮った写真です(^^)

この写真を見ると、僕も確実に成長しています!(体重が!)(笑)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました