大衡中学校ゾリステン公演

ico_maya

ソプラノ
木村眞弥

東混ゾリステンで宮城県の大衡(おおひら)中学校を訪れました。仙台駅に着き、そこからマイクロバスに揺られること約40分。学校では先生方が玄関でお出迎えしてくださっていました。
(※東混ゾリステンとは8人編成で普段の多人数の合唱とは違う声楽アンサンブルをお楽しみ頂くものです。)

今回のプログラムはこちら!
〈オープニング〉
・When the saitns go marchin’in
〈日本のうつくしいうた〉
・三村ぬ姉子達
・うつくしいのはげつようびのこども
〈秋の合唱コンクール課題曲〉
・翼を広げて
・言葉よりも
〈東混愛唱曲〉
・春に
・手紙
・翼をください
〈全員合唱〉
・大衡中学校 校歌
・生命がはばたくとき
〈FanFan Chorus in English〉
・I bought me a cat
・Geographical Fugue
・The Lion Sleeps Tonight
・Zip-A-dee-Doo-Dah
・Ev’ry time I feel the Spirit

後半は英語の曲が盛りだくさん!中には音程のないおもしろい曲も!お楽しみいただけたでしょうか?大衡中学校のみなさんは秋の合唱コンクールで歌う全体合唱の曲も綺麗な声でしっかり歌っていましたし、演奏会も静かに集中して聴いてくれました♪

さて、終演後は急遽3年生合唱団と東混との交流会!9月中旬にコンクールを控えているとのことで、1度演奏してから各パートごとにわかれてアドバイスをお伝えしていきました。曲は松下耕さん作曲の「夏」。アドバイスを生かしてもう一度歌ってみよう!すると、眼差しからもう違います。演奏もぐっと良くなりました。
ソプラノパートにはハミングの響かせ方や、身体の使い方、詞の中の大切な言葉、曲の山谷をもっとつけること…など。短い時間の中でのアドバイスでしたが、大衡中学校のみなさんの吸収の良さに驚きでした。

松下耕さんの「夏」。私が中学生のときに先輩たちが熱く歌っていて、先輩達かっこいいーなんて思ってました!中学の合唱コンクールも燃えたな~!なんてことも色々思い出しながら、中学生のみんなと楽しいひとときを過ごしました。

大衡中学校のみんな、コンクール頑張ってね~!

【今回のゾリステンメンバー】
ソプラノ:松崎ささら・木村眞弥
アルト:小林祐美・尾崎かをり
テノール:千葉弘樹・志村一繁
バス:徳永祐一・熊谷隆彦

ピアノ:北野悠美

20160827

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました