「未分類」カテゴリーアーカイブ

ロシアの警察

 

バス

宮田圭一

 

 

明けましておめでとうございます!

合唱とはなーんの関係もありませんが、一昨年の4月のモスクワの演奏旅行での出来事をお話ししようと思います。

 

モスクワに到着したその明朝にパスポートを紛失してしまいました。といっても私がぼんやりしていた訳ではないのです。チェックイン時にパスポートをホテルに預け、明朝フロントにパスポートを受け取りにいったら無いと言われ、それっきり。
結局仮パスポートを取るための手続きのため、楽しい観光の時間をこちらに費やす事になったのです、、

噂を聞きつけた団員の方が心配して言葉をかけてくれました。本当にありがとう。特にバスの某先輩からは、その日に起こっていたサンクトペテルブルクでのテロと関係してしているのでは、という深遠なる謀略論を展開して頂きました。

仮パスポートの発行にはパスポートの紛失届けを警察から発行してもらわなければならないとの事。ホテルからは何の謝罪も無かったが、発行のための証人という事で1人の10代くらいのにいちゃんを出してくれました。えらく美形のにいちゃんだった。日本なら大モテ確定。ちなみにこのにいちゃんがホテルでどのようなポストなのかは全く知らされていない。

ガイドさん、マネージャー、 美形のにいちゃん、そして私。4人で警察まで行きました。この警察署、日本のものとはだいぶ異なります。薄汚れた壁面にびっしりと張られた有刺鉄線。警察署というより収容所かな。行ったこと無いけど。
入り口でガイドさんとマネージャーは止められてしまいました。当事者以外は入るな、と。私とにいちゃんのみ、入念なボディチェックの後に入る事を許されたのです。

署内に入るやいなや、どこからか女性の叫び声が聞こえてきました。老婆のものと思われる正気とは思えない叫び声の中、私たちは腰を下ろすものもない空間で何の沙汰も無く小一時間待たされたのです。この時間が一番キツかったです。

ロシアの警察官は上から瞬きもせずに相手を見ます。この眼差しが誰かに似ている。そう。プーチン大統領。長きに渡りロシアを仕切ってる偉大なる大統領プーチン。プーチンはKGBあがりというが、なるほどねえ。

ようやく部屋に通されにいちゃんと警察官2人の話し合いに。私も部屋にいたけど早口のロシア語なんてサッパリだし、警察官も私の事は完無視。警察官が難詰してにいちゃんが言い訳をしているような、そんな様子。大丈夫なのか、と思ったさ。

紛失届けは届けを出してから10日後に発行されるのですが、それじゃ間に合わない。「紛失届けを出しました」という証書を受け取り警察署を後にしました。クレジットカードのレシートのような頼りない紙っ切れでしたが、こいつが帰国のための最大の鍵なのです。にいちゃんは帰りのタクシーで家の近くという所で途中下車。疲れたとの事。そりゃそうだろ。感謝の握手をしてお別れしました。

 

その日の本番も無事終わり、翌朝ロシアの日本大使館に行き、仮パスポートをゲット。本来なら戸籍謄本を現地に送ってもらわなければならないのですが、その手続きは日本に帰ってからで良いと言われました。信用を培ってくれた先人達に感謝感激雨あられです。その信用に背くわけにはいかない。固く約束をしてホテルに帰りました。

ホテルに着いて、居合わせた団員さん達の前で高々と仮パスポートを掲げると大歓声と拍手の渦。良かった良かった。

 

その勢いで徳永さん夫妻と祐子ちゃんとの4人で赤の広場に行きました。これが唯一の観光。とても楽しかったですよ。何というか、パスポートが有る無しで映る景色も違うというか、決して大袈裟ではないですよ。

今年の2月にはフランスとモナコが控えております。皆で無事を祈りましょう。

 

続 ヘアドネーション

アルト

依田素子

 

陽子さんに続きやーっと私もヘアドネーションしました。

 

 

子供用のウィッグになるのですって。ウィッグを着けて笑顔になってほしいなぁと思います。

 

 

純毛の肩掛けが無くなったので、この冬風邪をひかないように頑張ります!

ときめき市民コンサート

 

アルト

尾崎かをり

 

11月11日にテナー団員千葉弘樹さんのご実家のある登米市の祝祭劇場で、ときめき市民コンサートが開催され、メンバー、ピアニスト含めて5人で演奏させて頂きました。

温かいお人柄の、地元合唱団の皆様との共演も楽しかったです。私も宮城出身なので、何だか親戚と歌っているみたいでした(笑)

千葉さんのご実家から、差し入れに『道の駅 みなみかた』のお餅を頂きました!

粒餡、ずんだ、胡麻、海老、生姜の五つの味、ピカピカの餅米(多分新米かな?)で、とても美味しかったです。

 

『道の駅 みなみかた』へお越しの際はぜひどうぞ!

 

相模原に行きます!

ソプラノ

和田友子

 

こんにちは!ソプラノ和田友子です。

早いもので、今年ももう11月に入りましたね。
今月は私にとって嬉しいことが‼︎
それは…
入団19年目にして、ついに。

 

東京混声合唱団が相模原に行きます‼︎

 

東京混声合唱団〜世界の名曲をうたう〜

11/3土祝 14:00開演(13:30開場)
相模女子大学グリーンホール
指揮/大谷研二 ピアノ/寺嶋陸也・入川舜

 

です!!!

指揮の大谷さん、ピアノの寺嶋さんは、共に相模原に縁のあるお二人。

私も、淵野辺にある、県立弥栄東高校音楽コース(現 弥栄高校芸術科/音楽科)の出身です。グリーンホールは、数々の公演を鑑賞したり、自分もステージに乗っていた思い出のホール。

私は神奈川の中でももう少し南の、藤沢の生まれなので、出身中学からひとりで学区外の高校に行って、不安もありましたが。
そこで出会った愉快で多才な級友たちと、恩師との出会いのおかげで、今の私が出来上がりました。
当時は日々ダジャレばかり考えて、ただただ笑ってばかりいましたが。
今東混で歌っている私の、原点を作ってくれた相模原の地と緑と風と人に、感謝です。

そしてそんな相模原の地で、東混団員として歌える機会を頂き、大変、大変、感謝しております!!!

公演のプログラムは、
ブラームスの名曲 愛の歌 をはじめ、からたちの花、この道 などの日本の抒情歌、佐藤眞作曲「土の歌」全曲(終曲はあの大地讃頌です) など。

爽やかな秋の休日の午後、あたたかい音楽の時間へ、ぜひ足をお運び下さい。
お待ちしております!

 

 

東京混声合唱団~世界の名曲をうたう~

10月28日高崎箕郷公演

ソプラノ

好田真理

 

先日の10月28日(日)は、高崎市箕郷文化会館でのファミリーコンサートでした。

東混は先週、前橋市の中学校で学校公演を行い、2週連続の群馬県来訪。遠そうで実は近い群馬県。そう、近いんですよ〜東京と同じ関東ですし!多くの群馬県民にとって、都内は通勤圏内だから。100kmなんて近い近い!
うふふ。ようこそ!群馬高崎へ!

高崎出身の東混メンバーは、現在2名。
アルトの志村美土里と、私ソプラノの好田真理です。美土里さんは東京にお住まいですが、私好田は高崎在住。日々都内へ通っております。

そんな地元高崎で、好田は高崎市少年少女合唱団の指導者に名を連ねさせて頂いております。今回の箕郷公演は、その高崎市少年少女合唱団も東混と一緒にステージに立たせて頂きました!

「合唱ってなぁに?」という子どもの頃、親に連れて行かれた合唱団。高崎市少年少女合唱団は、私の合唱人生スタートの場所でもあります。

合唱団を始めたころ。歌うのは得意でガシガシ歌っていたけど、ハーモニーとか全然気にせず(ダメじゃん)。楽譜読めたし音取りは幸いまったく問題なく、子どもの脳なので暗譜も問題なく歌っていたけど、指揮者とか全然見ず(ダメじゃん)。高校卒業まで続けたこの合唱団で、先生方にはいろんなことを教えて頂きました。いっぱい学びました。今は、私が教えてもらったあれこれを、後輩達に伝えられるよう、頑張ってます。

子どもたちとの合同ステージではもっとうるうるな感動があるのかな〜?と思ってたんですけど。好田、まあまあ冷静で性格的に泣かない方でして。舞台前は、子どもたちきちんとやれるかな?とか、何事も起こらず滞りなく進みますように、とかいう方が先立っておりました。

けれど心配ご無用!
高崎市少年少女合唱団の子どもたちは、キチッとやり遂げてくれました。みんな本番に強いし、よい先輩達が育ってくれていて、自分が在籍していた頃より自主的に表現のできる合唱団になっていました。なにより、本番を楽しめる子どもたちになっていました。

なので、私も歌っている最中はとっても楽しくて!子どもたちと同じステージに立てることを、心から喜んで歌わせてもらいました。少年少女の子どもたち、みんな良かったよー!ありがとねー!

お客様にも、会館の方にも、みなさんに楽しんで頂ける演奏会がやれたかな?と思います。志村美土里さんの司会も落ち着いて聞けて、さすがの安定感でしたし。

そして。
団員たちは、地元民の私も使ったことのない群馬総社という駅から都内へと、100kmの道のりを帰って行きました。

次の公演は11月3日(土)、うちから140km先の相模女子大学グリーンホールです。

近いって楽ですよね…。いや私は群馬から通いますけど。でも近いって楽………いや、なんでもありません。いやいや、なんでもありませんて。
たった140kmの距離ですもの。
うんうん、日帰り圏内!
みなさん!相模大野駅で、また会いましょう!