ひとりごと

マスターズ

新シーズンに向けて

2024年もすでに5ヶ月が過ぎました。 先日のコン・コン・コンサート'24は、多くの皆様にご来場いただき、活気や笑顔に溢れた時間となりました。 (6/14までアーカイブの購入・視聴が可能です) 夏はもう目の前。八月のまつりや東混オールスター...
旅物語

【ひげくまたいちょうの旅日記 その7】 北の大地へ〜1泊2日帯広の旅

バス佐々木武彦 ひげくまたいちょうの旅日記 その7 北の大地へ〜1泊2日帯広の旅 📅2024年3月8日(金) お昼時の東京国際空港(羽田)から“北海道の翼『AirDo』”で向かうは道東十勝の中心都市「帯広」  今回私達は帯広市民文化ホールリ...
団員紹介

新メンバーのごあいさつ

この度、東混には2人の新入団員が入団いたしました! アルト 小巻風香(こまき ふうか) 東混百人一首部(?)所属。部員は小林祐・小巻・伊藤(読み手)。 東京混声合唱団に戻り、あっという間に3ヶ月が経ちました。この夏を振り返ると、日本中を旅し...
思い出

思い出のカセットテープ…8/20「合唱と吹奏楽の祭典」に向けて

テノール 千葉弘樹 …皆さん、中学・高校時代にどんな音楽を聴いていましたか? 著者近影 写真:中村紋子 こんにちは〜テノールの千葉でーす (^_^)/ さて、今回、ブログ係から、吹奏楽をやっていた頃のことを書いてほしいと言われたんですが、 ...
思い出

クラリネットと私

Sop 奥山陽子 皆様、お久しぶりでございます! 北欧が好きすぎて頭の中の88%が北欧(主にフィンランド)の奥山陽子です。今回はフィンランドのお話ではありません!!なんで?珍しい!! 中学、クラリネットとの出会い 「クラリネットを演奏する事...
思い出

栗山先生とわたし。

ソプラノ 松尾明日香 栗山先生との出会いは、武蔵野音楽大学3年生の頃。 武蔵野の声楽科学生が受講できる合唱の講義には「混声合唱」と「室内合唱」があります。「混声」は3年生まで必修で4年生は選択制、学内外のオケとの共演もある大規模な合唱団。「...
趣味

今の将棋の楽しみ方

Bass. 宮田圭一 藤井聡太の知名度はすでにとても高く、今さらどんな人なのかを説明するまでもありませんね。今回ブログを書かせてもらうにあたり、四つの項目に絞って大いに語らせてもらおうと思います。四つとは次のとおり。 1.藤井聡太の8冠完全...
思い出

東混の白いドレス

ソプラノ、東混衣裳係 好田真理 東混の女声衣裳は植田いつ子先生のデザインである。 植田いつ子先生は、上皇后(当時は皇太子妃〜皇后であられた)美智子さまのお召し物のデザインを長く務められたデザイナーである。あの、お美しく品のある美智子さまのお...
マスターズ

いつになっても…【’22シーズン振り返り】

世間は明日から2023年度!東混も代替わりのシーズンです。 コンサートマスターのささらさんを中心に新体制が始まって、一年が経とうとしています。 コロナ禍3年目で目まぐるしく変化した2022年。果たして団員たちはどんな思いで過ごしたのか…? ...
ふりかえり

あんなこと、こんなこと

Sop、コンサートマスター松崎ささら 昨年の4月から、直前までのコンサートを個人視点で振り返ってみました。 それにしても、多様な舞台、行動範囲の広さ、なによりそれをお客様と楽しむメンバーに感嘆しつつ、振り返り時間をくれたblogチームに感謝...
思い出

君は今

アルト 小林音葉 先日の第261回定期演奏会で、『光の中(詩:坂上優 曲:尾高惇忠)』という曲を演奏しました。 (撮影:中村紋子) 雪解けの春に鳴り響く鐘。 私は歌いながら、震災のことに思いが及びました。 先月、学校公演で訪れた気仙沼や陸前...
ブログの日

思い出の定期演奏会

先月、東混の定期演奏会は第260回を迎えました! 演出や照明などの力もあり、これまでにない東混定期になったのではないかと思います。 さて、東混定期ではこのように、新しいことに取り組んだり、作品を見つめ直したりと、色々な挑戦を続けてきました。...
尾崎かをり

冬ならでは

アルト 尾崎かをり 使った事がある方はお分かりだと思うが、冬の暖房に薪ストーブは本当に便利である。部屋全体を暖めるだけではなく、料理まで出来る。 しかし、薪は買うと大変高価で、自分で割れるものなら、とかれこれ20年程薪割りをしている。 諸々...
卒団メンバー(OB・OG)

第一回hiroの写真展

みなさん、あけましておめでとうございます テノールの松岡大海です。ファンタスティックブログに登場するのは久しぶりでしょうか??🥳 最近の僕は寝ても覚めても東混と写真活動という感じで慌ただしくも楽しい日々を送っています まぁ、そんな感じなので...
志村一繁

兄尊

テノール 志村一繁 先日、私の敬愛するアニキ「アニソンの帝王」こと、水木一郎さんが亡くなられました。享年74。 普段は筆無精でSNSも全くやっていない私ですが、今回だけはいてもたってもいられず自ら筆をとりました。 ことある毎に「尊敬する歌い...